正しい脱毛とムダ毛処理で肌トラブルを最小限に!心も体もスッキリ

夏に薄着になると、見た目でどうしても気になるのがムダ毛!きゃっ

もっと、伸び伸び夏を満喫したいわ

隠すのは難しいので、どうしても毛を取り除きたくなりますよね。

でも、どんな方法であれ、毛を取り除くと肌は痛みます。
トラブルを起こすケースが沢山でてきます。

毛を処理しないほうが、肌は痛まないのは分かっているけれど
それには抵抗を感じる人がほとんどでしょう。

そこで、除毛するときには、
肌へのダメージを最小限にする工夫が必要でしょう。

除毛には、剃る方法と抜く方法がありますが
剃るより抜く方が、より負担が大きくなります。

毛を抜くと同時に皮膚の一部をちぎることになるため
菌が侵入し、炎症や色素沈着によるシミや角質肥厚
毛穴のぶつぶつなどのトラブルにつながる場合があります。

脱毛になると、毛を根元から焼いたり、
毛根をやっつけたりするわけですが
同様の肌トラブルが懸念されます。

それでは次の順で見ていきましょう。

1.ムダ毛処理のトラブルいろいろ
2.除毛・脱毛アイテムいろいろ
3.除毛後のトラブルを予防する肌に優しいケア

1.ムダ毛処理のトラブルいろいろ

毛を抜く除毛をすると、毛嚢炎(もうのうえん)や埋没毛
などの炎症トラブルの可能性があります。

毛を剃る除毛をすると、瘢痕化(はんこんか)による
色素沈着を起こすことがあります。

ボディの傷やシミは普通治りにくいので、少しでも
肌を傷めないよう除毛することが大切です。

赤いブツブツができる。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛抜きで抜毛した後などに、毛穴が炎症したり膿んだりした状態

さらに除毛を繰り返すと悪化して痕が残り、シミになることもあります。(炎症性色素沈着)

シミになると消えるのに何年もかかるようになり、日焼けすると消えなくなることもあります。

毛が埋もれる

埋没毛

毛が皮膚の外に出てこられず埋もれた状態

抜毛などのときに皮膚が傷つき、修復のときに毛穴がふさがってしまうことが原因です。

皮膚の下で炎症を起こしたり膿んだりすることもあります。

毛穴が目立つ

瘢痕化(はんこんか)

毛を剃るときに毛穴の周りの凸の部分を削ってしまうことがあります。

皮膚は傷つくと新しい皮膚を作って修復しようとします。

新しい皮膚は以前より硬くなり、さらに傷つけばさらに硬くなって再生されていきます。

そのため毛穴が硬く盛り上がりブツブツとなって目立ってきます。

2.除毛・脱毛アイテムいろいろ

ムダ毛を処理するための道具って色々ありますね。

メリットとデメリットを知ったうえで選びましょう。

安全カミソリ

使い捨てと替え刃式がありますが、刃の質が良く肌に優しいのは替え刃式です。

横滑り防止の安全ガードがついたものなら安心ですね。

衛生のため刃はこまめに変えましょう。

数日後には生えてきます。

電気カミソリ

安全カミソリでは肌が乾燥してかゆくなる人におすすめです。

取り扱いが簡単で深剃りできますが、皮膚まで切ってしまわないよう注意して使用しましょう。

数日後には生えてきます。

毛抜き

毛を1本づつ抜くので手間がかかり、範囲が広いと根気が必要です。

抜く方法なのでトラブルが最も多く、繰り返し使ううちに皮膚が硬くなります。

お出かけ前にちょっと、という使い方もおススメしません。

除毛剤

液体やクリームタイプがあり、薬品で化学反応を起こし、毛を溶かす方法です。

毛根が傷つくことはありませんが、かぶれることがあるので、狭い範囲でのテストをおすすめします。

数日後には生えてきます。

拭く、洗うが必要なものは、面倒なうえ、コツが必要でうまく除毛できない場合もあります。

美肌効果があり、塗るだけの簡単なものもあります。

この場合、定期的に使用を続けることで、だんだん毛が細くなって行きます。

ワックス・テープ

コスプレの前など急いでいるときにはおススメですが、広い範囲を一気に引き抜くので、とにかく痛いです。

毛穴が開き、そこから雑菌が入り炎症を起こしたり、埋もれ毛になることもある。

テープは肌の角質まではぎとってしまうのでダメージが大きいためワックスがおすすめ。

ある程度(3~10mm)伸ばしてないと除毛できない。

数日後には生えてきます。

拭く、洗うが面倒なうえ、コツが必要でうまく除毛できない場合もあります。

家庭用脱毛器

IPL光脱毛器が主流で、国産のケノンが圧倒的シェアです。

ケノンであれば、肌に優しく痛みが少ない。

エステと同じフラッシュ式で、ツルすべ感が持続します。

照射範囲が広く扱いが簡単なうえ、エステ並み美顔器にもなります。

ケノンなら光を当てるだけ、ジェルがいらないのでお手入れ簡単です。

(エステの場合は、ジェルを塗って、その成分と光の相乗効果をねらうものもありますが、全てエステシャンがしてくれるので手間はかかりません)

医療用レーザー

自宅で自分で処理するのではなく、皮膚科へ通ってお医者様に充ててもらうものです。

レーザーが皮膚を透過して、毛根のメラニン色素を破壊しますので、永久脱毛が期待できます。

痛みは殆どなく、わずかな刺激がピリピリッと肌に伝わる程度です。

医療用レーザーは、皮膚の上をササッと掃くように光を当てるので短時間に大量の毛根を破壊できます。

少々お値段はかかりますが、ムダ毛とサヨナラできるので、それだけの価値はあるといえそうです。

3.除毛後のトラブルを予防する肌に優しいケア

Point1入浴して皮膚を清潔にしておく

トラブルを最小限にするには、雑菌が入りこまないよう、皮膚をできるだけ清潔な状態にしておきましょう。

皮膚や毛が柔らかい方が除毛しやすいので、入浴時がおすすめです。

Point2石鹸か乳液をつけて除毛

カミソリの滑りをよくするために、泡立てた石鹸か乳液などを除毛する部分に塗り、表面を滑らせるように優しくそります。

Point3除毛後はクールダウンと保湿

除毛が終わったら、冷やしておいたタオルを処理した部分にしばらく当てて炎症をしずめます。

保冷剤を包んだタオルでもよいでしょう。

冷やしたあとは保湿クリームを塗っておきます。


誰にも見られず、エステ並みの脱毛できます。

ケノンを使っていれば、
いつでも安心、ムダ毛なんて気にならない。

  >>>ケノン公式ページはこちら